おすすめの情報

日々の出来事などを少しづづ書いてます。



最近は和服を着ている女性を見ることも少なくなりましたね。

| 0 comments

最近は女性が和服を着ているのを見ることは、大学の卒業式と成人式に和服の女性を見ることが有りますが、他ではあまり見なくなりました、一昔前だと結婚式に、お嫁さんの友達などが、和服で、披露宴に出ることも多かったと思いますが、最近ではドレスが多いようです、また、お葬式などでも、親戚は、和服を着ていた者ですが、最近はほとんどが、洋服になりましたね、昔の人は、自分で、和服を着ることが出来たのですが、今の人は自分で切れる人はほとんどいないのでしょう。
今では、普通の生活の中では和服を着た女性和、年に1度見ることが有るでしょうか、京都などだと、一般に和服を着ている人もいるのでしょうけれど、北海道では見ることは無いというのが本当ですね、男性は今では関取が和服で居るのを見る事くらいですね。我が家のおお婆さんが昔は普段でも和服を着ていましたが、そして私も、若いときは、盆踊りに浴衣を着るくらいなものでした、どうして、着物を着なくなったのでしょう、着付けが面倒だから、着物が高価だからなのですか。そんな中、京都府の天橋立に行った時にたまたま大勢の人が和服で歩いていました、男性も、女性もです、その日はたまたまちりめん祭りだったのです、地元の方が、和服をきっちりと決めて歩いていました、
流石は、京都府、ちりめんの郷の高価な和服を普段着の様に着ている姿には圧倒されました、何百人もの人が和服で、迫って来るのですから、洋服の人は観光客ですが、祭りの為に和服で、天橋立に来た人も多くいたようです、ここにはまだ、こうして、和服の文化がしっかりと残っているのですね、北海道ではほとんど見かねなくなった和服も、伝統ののある所では、特に京都の街並みと和服が似合う文化が、こうして、離れていてもしっかりと引き継がれているのです、昔は有った反物屋さんも、見かけなくなりました。全国には有名な反物が、伝統的に織られていますが、反物の価値だけが上がり、実際に、着物になるのはどれくらいなのでしょう、また多くの日本人が和服を決めて歩く姿を見たいですね。

コメントを残す

Required fields are marked *.