おすすめの情報

日々の出来事などを少しづづ書いてます。



中古機械の買取など

非該当証明マシニングという言葉は普段聞きなれないので、何の事だかさっぱり分からないと思います。
マシニングというのは機械のことを指しており、色々な精密加工ができるような機械です。

非常に技術力が詰まったもので、その機械は相当凄い技術が使われています。しかしこの機械を輸出する時、兵器に転用できる技術利用できなくなっています。
兵器に使われてしまうと大問題となってしまうので、こうしたものが入っていないかをチェックすることになります。
これが非該当証明という言葉になります。

マシニング機械の非該当証明をチェックしていることをマシニングと非該当証明という言葉で纏めることが多いです。

兵器に利用されるような部品が技術が使われていないことを証明しておかないと輸出することが出来ない!
という問題があるため、
検査をして大丈夫かを確認しているのです。

引っ掛かっているようなら修正をすることになりますし、全く問題がないなら証明書を発行したうえで輸出を行います。
検査は非常に重要なことで、問題がないかを色々な視点で確認しています。

精密加工ができるマシニングというのは、ちょっとしたことで兵器に転用できるような技術を使ってしまいがちなのです。
そのためこうした検査を行うことで、この機械は安全に利用出来るということを証明しています。

海外では更に厳しい規制の下で機械を扱うことになっているので、日本のメーカーはそれに該当するレベルの機械にしなければなりません。
そのため検査基準は相当厳しくなっています。

非該当証明やマシニングという言葉は、マシニング機械を輸出するために非該当証明を発行する検査をしていると考えてください。
この検査はどのような機械でも一応行われていますが、マシニングはかなり厳しい検査をしていると考えてください。
レーザーを利用している機械である以上、ちょっとしたことで兵器化する可能性があることは事実です。
それが出来ないようにしておくことはメーカーにとって重要なことなのです。
少し聞いたのですが、最近では中古機械の買取なども盛んにおこなわれているようです。

Comments are closed.