おすすめの情報

日々の出来事などを少しづづ書いてます。



美味しいおにぎらず

最近の私のマイブームは、「おにぎらず」です。

おにぎらずとは、その名の通り、握らないおにぎりのことです。

握らないおにぎりなんて作れるの?と、最初は私の頭の中も疑問でいっぱいでしたが、作り方を見て納得しました。

まな板に海苔を一枚広げその中央にご飯をのせて四隅を折りたたむのです。

そうすると、四角いおにぎりが出来上がります。

そのおにぎりを真ん中から二つに切ってサンドイッチのように具を見せて並べれば、おにぎらずの完成です。
にぎらないので手が汚れない

それがおにぎらずの一番の利点だと思います。

私はこの画期的な作り方に感動して、様々なおにぎらずを作りました。

例えば、ベーシックな梅味は、形が変わっても美味しかったです。

海苔の佃煮にスライスチーズを乗せたものなどは、珍しい取合せが逆に面白い味でした。

失敗してしまったのは、最初の頃に作ったツナマヨです。

ツナにキュウリを合わせてマヨネーズで和えたものに、更にレタスを重ねました。
しかしこれは、レタスの水切りが甘かったせいでしっとりとしてしまいました。

おまけにご飯を多く乗せすぎたせいか、海苔できちんと閉じることが出来ず、何回も開けたり閉じたりを繰り返してしまったせいで、形がボロボロになってしまいました。

今ではお弁当にもおにぎらずを作って持っていきます。

同僚達は、最初不思議そうに私のおにぎらずを眺めますが、作り方が分かると、ほとんどの人が自分も作ってみようと言い出します。

形がユニークで作りやすく、美味しいおにぎらずを、これからもどんどん作って行きたいと思います。

onigiri_ume

Comments are closed.