おすすめの情報

日々の出来事などを少しづづ書いてます。



逆流性食道炎と椎間板ヘルニアは保存療法が可能!

1126h1126g

近頃なんとなく胸がムカムカして気分が悪い。
そんな症状に心当たりのある方は、「逆流性食道炎」の可能性を疑ってみるべきです。

逆流性食道炎とは、簡単に言えば胃液が食道に逆流してしまう病気のことです。
強い酸性を帯びた胃液のせいで粘膜が刺激され、消化器系から喉にかけての広範囲に強烈な不快感が発生します。
時には吐き気を覚えるほどの苦痛が湧きあがることもあり、日常生活に多大な支障を及ぼします。

逆流性食道炎の原因は生活習慣の乱れやストレスにあるため、今や老若男女問わず幅広い年代の方々が逆流性食道炎の潜在リスクを抱えています。しかも、一見無関係に思える逆流性食道炎と椎間板ヘルニアは密接な関係にあります。

ヘルニアによって腰部に痛みを覚えるようになると、コルセットなどを着用して腰を固定しなければならなくなります。それらの補助器具が腹圧を上昇させると、胃が必要以上に圧迫されて胃液が逆流しやすくなってしまうのです。

胸と腰の疾患は相関関係にあります逆流性食道炎椎間板ヘルニアセットで治療することが大切です。
逆流性食道炎と椎間板ヘルニアを完治させるには病院で手術を受けなければならないと思っている方が少なくありませんが、最近では手術をせずに治療を進める保存療法」が主流になっています。
胃酸の分泌を抑える薬や粘膜保護剤などを服用しながら、じっくり時間をかけて治していきます。

よほど悪化していない限り手術に踏み切ることはありません。手間はかかりますが、痛みが気になる方でも安心して治療を受けられるのは朗報と言えるでしょう。
なお、逆流性食道炎と椎間板ヘルニアの予防・改善には、日頃の生活習慣の見直しが大切です。
長時間のドライビングデスクワークなど、極端に腰やお腹に負担のかかるような姿勢を極力避ける。
脂肪分や甘味料を多く含んだ食べ物は胃酸の分泌量を増加させるのでなるべく控える。
適度な運動を行って内臓の筋肉を鍛える。
これらのことを心がけて、逆流性食道炎と椎間板ヘルニアの症状が悪化しないように気を付けたいものです。
これからは、自分で予防することが大切ですね!!

Comments are closed.